検索
  • Riki

自らの体は実験台


最近できた新しいパーソナルジムのHPで気になったことがあります。。。


”自分のトレーニングばかりしてお客様の体のことを考える時間が減ってしまっては本末転倒です。” 😳


もちろん人それぞれ考え方、営業方針はありますがそんな事をわざわざ紹介文に記載しているトレーナーは初めて見ました。


言いたいことは僕自身がトレーニングをしているのは、いつも自分のため、お客さんのためです。自らトレーニングするからといって生徒さんのことを考える時間はけして減りません。

テクニックを磨き、改善方法や新しい情報を得たとき、必ずテストが必要です。。。そんな時は、まず自分の体を使って試してから生徒さんに指導します。そして、生徒さんたちに良い反応であるなら、メニューに入れるか入れないか判断します。もちろん全員が同じ反応ではないのでそれはしっかりと見極めます。


自分の体は実験台だ。

だからトレーニングはやらなきゃダメなのです。クソパンデミックのせいで、暇になったから自己トレーニングはほとんど毎日。僕も成長しつつ、TNK Training のお客さんたちも成長。実は、言い訳なしで、今年は新記録の年になっています!生徒さんたちはみんなすごいです!社会がこんな暗く面倒くさい時でもみんな頑張って、トレーニングで成長している。だから僕はまだこの業界にいる。


TNK Training の卒業者は他のジムへ行って、すごくフォームを褒められて、それが理由で入会につながることもあります。それはとても感謝すべきことです!🤗それが僕の仕事の結果であり生徒さんの努力です。💪


日本にはこんなことわざがあるでしょう。

”やってみせ、言って聞かせて、やらせてみて、褒めてやらねば人は動かじ”。。。まず、自分がやらなきゃでしょ?だからトレーニングをする。ずっと。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示